ワックスでの脱毛方法

ワックスでの脱毛方法

モデル

近年では脱毛サロンや自宅でワックス脱毛をする人が増えているといわれています。

 

ワックス脱毛は脱毛用のワックスを肌に塗り毛とワックスが接着することで毛を脱毛する方法になります。基本は毛根から脱毛されるため毛を抜いて脱毛する方法同じような脱毛方法と考えてもいいのかもしれません。ワックスは脱毛サロンで使用されるものと自宅で使用されるものがあり、自宅用のワックスはシート状になっているものもあります。水あめ状の薬剤を肌に塗り時間をおいてはがすといった順番使用します。このワックス脱毛は体のほとんどの場所で使用することができますが、自分で行おうとするとできる範囲が限られてくるためサロンで脱毛する人も多いのです。ビキニラインなどサロンでお願いしにくい所を脱毛する場合はこのワックス脱毛は手軽にできる方法なのではないでしょうか。

 

ワックス脱毛をする場合もほかの脱毛方法と同じように脱毛後のケアはとても重要です。保湿を十分に行って肌への負担を軽減しないといけません。サロンで脱毛を行っても永久脱毛ではないので毛が生えてきたらまた通わないといけません。またワックス脱毛は脱毛の施術時に痛みをともないます。ワックス脱毛を考えている人がいるなら試しに一度、ひざ下の脱毛をワックス脱毛で考えてはみてもいいかもしれません。ブラジリアンワックス脱毛はデリケートゾーンにも可能なためサロン利用者が増えているのが現状です。一度試してみてもいいかもしれません。

脱毛後に自分で剃ると、元の毛量に戻りますか?

脱毛

脱毛後に毛が生えてきた場合、少しぐらいならそのままにしておくことをおすすめします。再び自己処理を始めてしまうと、せっかくの脱毛が無駄になる可能性が高いです。施術で毛が薄くなったり毛の質が変化しても、自己処理を始めてしまうとかつての毛の質や量に戻ってしまいます。

脱毛後に生えてきた毛が気になる場合は、追加で脱毛することをおすすめします。また、途中で施術を終わらせてしまうと元の状態に戻ってしまいますので、やるからには最後までやらないとお金と時間が無駄になってしまいます。
どこが途中でどこが完成かというのは、個人差があるでしょう。無駄毛1本たりとも許せないというのであれば、ツルツルスベスベになるまで施術を繰り返す必要がありますが、目立たなくなる程度で良いというのであれば、自分が満足する毛の量になれば止めれば良いのです。そして、再び気になり始めればまた追加で施術を申し込めば良いでしょう。間違ってもここで自己処理を始めてしまってはいけません。
脱毛中の処理は、除毛のみ可能です。毛根に影響を与えず、肌の上に出た毛のみを処理することを指し、カミソリやシェービング、除毛クリームなどを使って行います。ここで毛穴から毛を抜く行為をしてしまうと、脱毛効果がなくなってしまいます。